女子高生

 電車で女子高生が座っていた。
 その手には「ドラゴンボール」があった。しかも、いちばん古い、僕らになじみのあるコミックスだった。
 まだ、今の子たちのなかにドラゴンボールが生きていることがわかってうれしかった。それだけ。