おごり

 散髪屋のねーちゃんと話していると、自分がいかに限られた種類の人間だけと接して、世の中判った気になっているかに気づかされる。