読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽の塔

 森見登美彦太陽の塔。しばらく小説を読んでなくて、小説を読み始めることに億劫になっていたのだが、リハビリに最適だった。つまり、読みやすく、重みはない。
 誇大妄想によって成立している小説なので、こういうのがしっくりくる人って、一生もてない気がする。でも、この類の読み物がメジャーに宣伝される時代なのだなと思うと、考えさせられる。やっぱり日本にサブカルはもう存在しないんだと思う。

太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)