読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤めだか

 立川談春の赤めだか。これは相当面白かった。
 談春少年が立川談志の元に弟子入りしてから、二ツ目になるまでのいくつかのエピソードが描かれているのだけど、これがたまらなく面白かった。談志や兄弟子連中のやくざな感じであるとか、愛憎入り乱れた様子が異界をのぞくような面白さもあるし、噺家だけあって、話のテンポもいいんだろうと思う。
 ちょうど情熱大陸で桂米團治を採り上げていたことや(本書にもちょろっと桂小米朝が出てくる)、伊集院光三遊亭楽太郎の関係性を知っているというような背景もあって、久々にどんどんと読み進められた。

赤めだか

赤めだか