読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書きあぐねている人のための小説入門

読書

 保坂和志の書きあぐねている人のための小説入門を読んだ。
 文庫版のあとがきには、小説というのは本質的に

自分に向けて内省される思考

であると書かれている。社会に生きる人間は、基本的に、ある程度を素早く他人に伝えるための近似表現を求められるし、トレーニングもさせられると思う。つまり、小説を書くということは、2つの間で引き裂かれながら、書く、ということなんでしょうな。

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)