読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンドレアス・グルスキー展

美術館

 行ってきましたよ、六本木は新美術館。
 展示を見始めて最初の方は、訳がわからず見方がわからず面白さがわからなかったのだけど、コンセプトをつかんでからは、なかなか考えさせられる作品群でした。面白かったというよりも。
 写真とは何か?写真という単語よりも、「photoのgraph」としてのphotographの方が適切なpictureだと思いました。
「まるで抽象絵画のような写真は、写真を使った画家とも言えるグルスキー」という表現がその通り。
http://gursky.jp/