読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ

映画

 庵野・樋口のシン・ゴジラ。映画館で。
 掛け値なしに名作。絶対に観るべき。なんなら何度か映画館に足を運んでもいいとすら思っている。劇中、中盤から涙なしには観られなかった。それは、スクリーンに映し出されたものが、私に地震を、津波を、原発の水素爆発を、思い出させたから。そして、こんなに素晴らしい映画を、しかも邦画を、観ることができるとは思っていなかった事前の予想をはるかに上回ってくれたから。そして、監督はじめスタッフ、長谷川博己はじめ出演陣、すべての苦労が報われた瞬間を見たから。
 言わずと知れたゴジラ。その現代版。もしくは震災後版。“想定外”の出来事が起こった時に、日本がどう対処するのかという危機管理のケーススタディになりうる、右にも左にも強烈に皮肉を浴びせる物語を、いい塩梅のグロさで造形されたゴジラと若き政治家との戦いに託して描く。
www.shin-godzilla.jp