読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館珈琲

 西尾孔志監督の函館珈琲。ユーロスペースで。

 回復の物語。書けなくなった小説家の再生の物語。駆け出しの職人・アーティストが軒を連ねる翡翠館というユートピアでの、我が子を捨てたガラス職人・かつていじめられていたテディベア職人・対人恐怖症(?)のピンホールカメラ写真家との交流を通じた、小説家が自分を取り戻すまでの物語。

 個人的には函館はラッキーピエロハセガワストアの街なので、ラッキーピエロがチョイだし、ハセガワストアが映らないようでは、函館である必然性が伝わってこなかった。

 片岡礼子を久し振りに観たということ、Azumiって人の魅力に触れたこと、そういう細部には心ひかれる部分があったものの、トータルの映画としてはおもしろくはなかった。

- 椅子は海辺で見つかってからの伏線回収は??

- 対人恐怖症になった経緯は??

- 子どもの名前と藍・青へのこだわりって安易に過ぎないか??

- books & coffeeって何かの結論になりうるの??

- 英二の新作はどうなったの??

などなど気になって乗れない脚本だった。

 

www.hakodatecoffee.com

 

p.s.いいから早くソウル・フラワー・トレインをDVD化してほしい。