忘れようとしても思い出せない

 近江八幡のNO-MAにて。
 表現への欲望について考えさせられた。そして、齋藤勝利の作品に最も心を奪われた。
www.no-ma.jp