このblog

の存在意義は、マイナーで他に余りreviewのないコンテンツの感想媒体としてなんだなというのが、アクセス解析を通じてよくわかる。