読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスコー展

 「ホンモノでない」という知識が邪魔をしたのか、感動はなかった。レプリカであるラスコー3(形状・質感共に再現)よりも、飾ってある写真の方が印象に残った。立体構造物よりも、きちんとライティングして撮影した写真の方が情報量豊かなのだなと思い知った。
f:id:creep_in_jp:20170429215510j:image

響~小説家になる方法~

 柳本光晴の響~小説家になる方法~。1巻だけですが、興味深く読みました。 

 一方で(少なくとも1巻では)題材が小説および小説家である必要性が皆無と感じました。創作系の圧倒的な才能を持つ発達障害を持つ少女であれば、漫画でも作曲でも何でもよかったのでは?作者の小説に対する愛のなさがビンビンに伝わってきました。

 思い出してみれば、作者・柳本光晴がセッション22に出演した際に、小説はほとんど読まないと言っていたような。小説に人生を変えられたようなそういう経験を持っている人ならば、これは描けない作品と感じました。

 蛇足ですが、変わった画を描く方ですね。面に水彩のようなタッチを残したり、顔のバランスが崩れていたり。

 

バードマン

 アレハンドロ・イニャリトゥ監督のバードマン。Blu-rayで。
 これ夢オチにするしかないんじゃないかとハラハラして最後観ていたのだけど、夢オチではなかった。しかしながら、この寓話をどう受け取って消化していいものか、まだ悩んでいる。

『LIFE (complex system)』展

 宮島達男の個展『LIFE (complex system)』展@SCAI THE BATHHOUSE
 3種(1つはRGBの相似作品)の作品が展示されていて、言わずと知れた宮島らしいアレです。この日の私には刺さらなかったな。
www.scaithebathhouse.com

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

 Blu-rayで。自分の持ち合わせていない他人の欲望を垣間見ること。
 人の領分にずかずか踏み込んできて、自分に合わないと不快感をぶちまけて誰も幸せにしないこと。

息もできない

 ヤン・イクチュン監督主演の息もできない。DVDで。
 弟くんも、いつかサンフンのように救われるのだろうか。

息もできない [DVD]

息もできない [DVD]

ラ・ラ・ランド

 デイミアン・チャゼル監督ラ・ラ・ランド。劇場で。
 これはよくできたエンターテインメント。素晴らしかった。
 冒頭の高速道路渋滞からの実に快楽的な長回しミュージカル、エマ・ストーンを始めとした女優たちのキュートさ(衣装も表情も)、随所で差し挟まれる気持ち良い音楽(菊池成孔にはコッテリ批判されているが)、使い古されているが共感させられる成功物語と悲恋と、いずれも娯楽作品としてよくできていて、非常に楽しめた。私には。おそらく、恵まれた立場に置かれた私には。
 このような「売れない駆け出し女優」や「売れないジャズピアニスト」が各々、「トップ女優」と「好きなジャズをプレイできるハコのオーナー」に成り上がる一方、好き合っていても別れて別々の道を歩むという悲恋物語は、かつてはおそらくアメリカンドリームの1つのバリエーションとして機能していたし、アメリカ国内でも信じられてきたし、“憧れの自由の国アメリカでの物語”として世界各地で遍く信じられてきたものと思う。少なくとも私はそう思ってきた。しかしながら、このような寓話にノレない国民が本国アメリカにおいても多数派であることが示された今、この物語は一昔前のものに落ちぶれ果て、説得力を失ったと言わざるを得ない。
 結局、内輪向けの作品じゃないか、そう思ってしまうのだ。この、少なくとも経済的には報われる物語は、ハリウッド内輪向けの物語であり、ルーザーたちには(アメリカ国内のルーザーたちにすら)届かないのではないか?そう疑問を持たずにはいられない。
gaga.ne.jp

FAKE

 森達也のFAKE。DVDで。
 言わずと知れた佐村河内氏を扱ったドキュメンタリー。わからなかった。何が森達也の言う“FAKE”なのだろう。

  • フジテレビのディレクターやら制作陣とのやり取り・
  • 佐村河内氏の何か?
  • 神山氏とのプロレス?
  • この映画そのもの?
  • 佐村河内氏の才能?

FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD]

FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD]

どついたるねんライブ

 18禁だからアマゾンのリンク貼るのに手間がかかるのかな?

どついたるねんライブ [DVD]

どついたるねんライブ [DVD]

たかが世界の終わり

 グザヴィエ・ドランのたかが世界の終わり。劇場で。
 物語性が薄すぎて、私には面白くなかった。スクリーンに映し出される人間たちが、かなりの確率でワンショット・ネックアップ?(バストアップよりもはるかに寄りで、頭が切れるくらいから首元まで)の圧迫感がすごかった。
gaga.ne.jp