読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターン

 3年くらい前に友達に勧められておいて、読まずに放置してきた本。
 確かにおもしろいと言えばおもしろいんだけども、ある特殊な世界を提示するための前半部、設定が退屈で読むのがめんどくさいと何度も思ってしまった。これは小説としてやはり致命的なことだと思う。
 設定が提示されてしまえば、登場人物の心理描写は巧みだし(普通と言えば普通だけど)、理知的なストーリー展開がなされておもしろい。
 それだけかな。

ターン (新潮文庫)

ターン (新潮文庫)